GRAFFITI

2016.04.30

What The Holy Blow ?

昨年の暮れに突然やった即興ライブが刺激して音楽熱が再び疼き始めた。
ソロ活動を最後に遠ざかっていたはずが、服を作り店に立っている間も
つねに身近に音楽があった。
ただ目指す音が見つからなかっただけなんだろう。
スイッチが入れば全力で突っ走りすべてを捧げる覚悟はできてる。
バンドがやりたい。
ずっとずっと思い続け、それでもかなわない夢のように諦めても諦めらきれないただ一つの想いがバンド。
自分の過去に何があったにせよそこからは逃れられないが昔も今も俺に変わりはない。
火がついたらあとは灰になるまで燃えるだけ。
そんな想いが年中体の中を駆け巡っている。
まずは曲を作り、メンバーを思案する。
個性をぶつけ合いリスペクトし合える仲間を探す。
数少ない音楽仲間の中から声をかけドラマーが決まりその他2人のメンバーも決まった。
社会人である以上それぞれに生活があり、仕事があるからバンドに使える時間は限られている。
ごくわずかな貴重な時間で何ができるかもわからないまま無謀にもライブスケジュールを入れた。
メンバーそれぞれに焦りが生まれ緊張感も高まり後戻りができない状況ができた。
そうでもしないかぎり忙しさに埋もれて何もできなくなるだろう。

バンドネームは”The Holy Blow”「聖なる一撃」
6月16日(木)代官山 ”晴れたら空に豆まいて”にて初ライブをやる。
正直どうなるのか俺にもわからない。
ただ今の胸の内をおもいっきり響かせようと思う。