GRAFFITI

2016.03.08

海が俺にくれるもの

日々鬱積する疲労や忙しさにかまけて弛んだ身体に嫌気がさす。
天気予報を見てみると明日は雨、でも波は上がる模様。
明日は海へ行こう。
波があってもなくても海に入ろう。
気の済むまでクタクタになって頭を空っぽにしたい。

朝、起きるとやっぱり雨、かなり降ってる。
早々に用意して家を出る。
1時間弱、車を走らせると海が見えて来る。波はありそうだ。
それだけで気持ちが逸り興奮してくる。
海岸に広がる海全体がうねっているのを見るとウズウズする一方
恐怖も感じる。
ボードに乗って沖へ出る。
水平線に目をこらし、次から次へと来るうねりの中から早いのを
見定め、それと決めてパドリングする。
波が競り上がるタイミングに合わせてパドリングすると一気にボードが
走り出す。
この瞬間がとても好きだ。
そして波の斜面を滑り、滑らかな海面を手で触れる。
その行為は経験したどれよりも神秘的。
それを何度繰り返しても未だ飽くことなく、その魅力は底なしである。

気の済むまでやり終えて海から上がる時、それまでの自分より少しはマシになってるような気がする。
身も心も清らかになって新しい力が漲ってくる。

IMG_0785