GRAFFITI

2015.12.31

2016

今年1年は今までで一番呆気にとられるほどあっという間に過ぎて行った。
振り返ると様々な物事がすごいスピードで変っていった。
9年のブランクを経て年始から始めた服作り、春から2ヶ月かけて店を作り何とか冬物をリリースするところまで漕ぎ着けた。
いろんな人に助けられた。
ファンの人たちにも勇気づけられた。
一人で出来る事よりも同じように物作りに向かいあっている人と感覚で触れ合い生み出す楽しさ、興奮を味わえた1年だった。
2016年、俺の目標はこれまで以上にうっとりするほどの服を作り、それを求めてTHEREに来る人たちに誠心誠意を込めて売る事。
もう一つはバンドを結成してこのありあまるエネルギーと想像力を放出しそれで何が見えてくるのか試したい。
すべてが何も決まっちゃあいないがどこまでいけるか突っ走ろうと思う。
先ほど近所にある神社に今年のお礼と明日からの希望を祈ってきた。

IMG_0725

THEREは明日元旦から営業いたします、もしお暇な方は遊びに来てください。
本年もよろしくお願いたします。

2015.12.10

THEREなる表現?

月曜から木曜までの4日間にやりたい事をやる。
そうは言ってもほとんどは店の雑用、服作りのなんやかんやであっという間に過ぎてしまう。
時間がないからと言って中途半端なものを垂れ流すように作るのは資源と時間の無駄と思う。
だから作りたい気持ちが自分の中で高まり頭の中ではっきりと形やイメージを成すものだけを作ろうと心がけている。
それをするには時間がとても大切になる。
何もしない時間ほど欲しくなる。
久しぶりに友人と2人でサーフィンに出かける。
道中、様々な話をする。ギターの話、家族の話、昔話、これからの話。
海に入ればサーフィンのことだけを考える。
帰りにハンバーガーショップでランチを食べ、またそれぞれの生活へ戻って行く。
こういう生き方が普通にできるほどものわかりのいい世の中ではない。
毎日、洋服1着作るのにも四苦八苦している。
音楽もファッションも突き詰めればどこまでも奥深く世界が広い。
でも大切なのは自分である事を忘れないこと、でもそれが一番むずかしいのかもしれないな、世界を知れば知るほど。
WELD MUSICページにTHEREを加えた。
ここで表現するのは自分が考えるファッションのイメージ。
THEREがどんな服を作りファッションを通じて何を世界に感じているのかを言葉ではなく、写真や映像などで伝えられたらと思う。

285A6201
285A6218
285A6249
285A6236