GRAFFITI

2014.03.11

rescue

東京、いわき、古河、3本のライブを演り終えてボンヤリと次の事を考える。次は何をしたいのか?何をどう伝えるのか?伝えたいものは?

それはライブをやってる時に感じる自分への欲求や観客から感じる情感や空気感なんかが大きく影響していると思う。

“演奏者は音を発し観客の心を振るわせその共鳴した響きにまた救われる”

285A4808
285A4814
285A4876

2014.03.03

家路

「家路」という映画を観に行った。

平日の昼間という事もあり館内は空席だらけ、俺の他に年配の人が5人ほど座ってたくらいで混雑が嫌いな俺には嬉しいのだが、これでは映画界も大変だなぁと思いつつ、ゆったりと鑑賞。

確かひと月ほど前に「かぐや姫の物語」を観た時、公開予告でこの作品を知りとても気になっていた。

この作品の中に何か答えのようなものがあるような気がした。

感想はあっさりとした映画だったが、スーッと心に入り込んで消化できずに留まっていた感情を洗い流し爽快というのではなく、当たり前の事を当たり前と考えられなかっただけだったんだと気づくようなそんな映画だった。

心に残ったのは”再生”という言葉だった。

 

 

 

2014.03.02

LIVE

自分の思い描くライブ演出のもとに友人たちと作り上げる心地よさ、楽しさを昨日は存分に味わう事ができた。

そしてたくさんの人たちと世界を共有し影響しあえる事で自分が成長できる事を幸せだと思う。

みんなありがとう。

DSCF2383